スーツケースベルトって必要?海外旅行に20回行った筆者が答えます

スーツケースベルトって必要?海外旅行に20回行った筆者が答えます 海外旅行の便利グッズ




海外旅行に行く予定があるのだけど、スーツケースベルトって必要なの?

こういった疑問に、海外旅行歴20回の筆者が答えます。

なお、結論としては「スーツケースベルトはなくてもいいけどあると便利」です。筆者にとってはもはや手放せない存在です。

スールケースベルトが必要な理由は、見分けがつくから

スーツケースベルトが必要な理由は、自分のスーツケースの見分けがつくからです。※個人的には、スーツケースベルトのメリットはこの1点につきると思ってます。

スーツケースベルトがないと、ベルトコンベアで消耗する

ベルトコンベアでスーツケースがなかなか見つからない女性のイラスト

ベルトコンベアに流れてくるスーツケースの見分けのつかなさたるや、みなさんも経験したことがあるのではないでしょうか。

かく言う筆者もスーツケースベルトを買うまでは、うっかり他人のスーツケースを取ろうとしてしまい、焦ったものです。

ただでさえ、フライトで疲れているのにベルトコンベアで1つひとつのスーツケースとにらめっこするのは地味にしんどいですよね。

目立つ色のスーツケースベルトがおすすめ

しかし、目立つ色のスーツケースベルトを巻くようにしてからは一瞬で見分けがつくようになりました。

なお、筆者の愛用しているスーツケースは黒色のフツーのものです。

筆者の使ってる黒いスーツケースの全体像

愛用しているフツーの黒色のスーツケースです。

このままじゃ、コンベアでにらめっこする羽目になるのは想像に難くないですよね。

そこで、こんなかんじで赤いスールケースベルトを巻いてあげると

筆者の愛用している黒いスーツケースに赤色のスーツケースベルトを巻いた時の全体図

ジャーン!

これならコンベアでも一目瞭然ですね。

目立つスーツケースなら、いらないと思う

目立つ黄色のスーツケースのイラスト

一方で黄色のスーツケースや、ステッカーがたくさん張ってあるなど、目立つスーツケースならスーツケースベルトは不要だと思ってます。

理由はもちろん、スーツケースベルトがなくても見分けがつくからです。

スーツケースベルトの選び方

スーツケースベルトを選ぶうえで、見るべきポイントは以下の3つです。

見るべきポイント

  1. ロック式かどうか
  2. 巻き方
  3. デザイン

1.スーツケースに鍵がついているなら「ロック式」じゃなくてOK

スーツケースベルトのタイプをざっくり2つに分けると「ロックなし」か「ロック式」かに分かれます。

ロック式の方が、防犯上いいのは自明のことですが、スーツケースに鍵がついているならロック式である必要はありません。

むしろ、ベルトをつけるたびにダイヤルを回す手間がかかってしまうのでロックなしが個人的にはおすすめです。

2.巻き方は3パターンあるけど、ひとまず水平のものでOK

スーツケースベルトの巻き方は、水平・垂直・クロスの3パターンがあります。

どれでもいいというのが正直な意見ですが、見慣れている水平に巻くスーツケースベルトを選んでおけばOKです。

3.見分けがつくような色かどうかをチェック

デザインはお好みのものを選びましょう(柄がかわいい、持ってるスーツケースの色にマッチする、などなど)。

しかし、遠目で見たときにも自分のものだと見分けがつくような目立つ色がベターです。その点も考慮に入れつつ選べれば、完璧です。

おすすめのスーツケースベルト3

おすすめのスーツケースベルト3選

スーツケースベルトは空港でも買うことができます。しかし空港でバタバタ買うよりも、家に出るときには巻いてある方がスマートですよね。

そこで、ネットショッピングで買えるおすすめのスーツケースベルトを3つ紹介していきます。もし気に入ったものがあればポチっておくといいでしょう。

ALIFE HAPPY FLIGHT ラゲージベルト

ALIFE HAPPY FLIGHT ラゲージベルト

筆者が使っているスーツケースベルトです。デザインがかわいいのでお気に入りです。

マジックテープ式なので、スーツケースにギューっと縛るだけで長さの調節ができます。

「目印になればいい、使い勝手がいいのがほしい」という方におすすめです。

YOMODA スーツケースベルト

YOMODA スーツケースベルト

先ほどスーツケースベルトには水平・垂直・クロスの3パターンがあると言いました。しかし、こちらのスーツケースベルトは2つで1組なので水平・垂直・クロスの3パターンすべてが実現可能な優れモノ。

使い勝手がいいうえ、値段も安いのでネット上ではかなり評価が高いです。シンプルなデザインなので、合わせるスーツケースを選びませんね。

TSAロックベルト

TSAロックベルト

スーツケースにロックがない。もしくはスーツケースベルトでもロックしておいた方が安心する、という方におすすめなTSAロック(※)付きスーツケースベルトです。

(※)TSAロックとは?

アメリカでは、テロ対策としてスーツケースの中身をランダムで目視検査しています。

そして、鍵がかかっているスーツケースは壊してもいいという(ビックリな!)権限まであるのです。

しかし、TSAロックなら係員の持ってるツールで開けることが可能。スーツケースやスーツケースベルトが壊されることなく手元に戻ってきます。

詳しくはTSAロックとは?知っておきたいスーツケースの常識」という記事が参考になります。

そんな安心のTSAロック付きのスーツケースベルトというわけです。おしゃれなデザインもおすすめポイントです。

まとめ:スーツケースベルトは必ずしも必要ない!だけど買っておくとかなり便利

スーツケースベルトは便利です。筆者にとっては、なくてはならない必需品になってます。

また、値段も¥1,000¥2,000ほどなので、これから先、海外旅行に何回か行くようでしたら買っておいて損はないと思いますよ。

 

それでは、このあたりで。

Have a nice trip!