ローマ旅行の持ち物チェックリスト【変圧器・シーズンごとの服装も】

ローマ旅行の持ち物チェックリスト【変圧器・シーズンごとの服装も】 イタリア旅行の持ち物




ローマ旅行ならではの持ち物をまとめました!

ローマ旅行の持ち物で悩んでいませんか?もし忘れ物をしてしまうと、現地での調達に時間がかかり、思わぬ出費にもなってしまいますよね。

そこで、この記事では「ローマ旅行ならではの持ち物」「変圧器・変換プラグ」「シーズンごとの服装」をまとめました。より楽しく、快適な旅行にするために、ちょっとでも参考になれば幸いです。

ローマ旅行ならではの持ち物

ローマ旅行ならではの持ち物4つ

花粉症対策グッズ

実はローマも日本と同じように花粉が飛びます。花粉症の人は処方してもらった薬や、花粉対策スプレーなどを持っていきましょう。ちなみに、花粉症のマスク文化は日本ぐらいでローマではめったにマスク姿の人は見かけません。怪しい人と思われるので、マスク以外で対応するのがおすすめです。

日焼け止め・サングラス

ローマは日本よりも日差しが強く痛く感じることもよくあります。日差しで目が炎症を起こすこともあるのでサングラスは持参しておくのがベター。また日焼けもするので、肌の弱い方や日焼けを避けたい方は日焼け止めクリームも日本から持って行った方が良さそうです。

スニーカー

ローマは石畳の道が多く歩きづらいのが特徴。ヒールのある靴はつまづく原因にもなりますので避けて下さい。また雨が降ると石畳の上は滑りやすくなります。滑り止め効果もあり、かつ歩きやすいスニーカーで観光を楽しみましょう。

ローマ旅行で変圧器・変換プラグは必要?

旅先では変圧器・変換プラグどちらも必要です

変圧器:家電(ドライヤーなど)を使うなら必要

イタリア(ローマ)の電圧は220Vなので日本の電圧(100V)に比べてかなり高いです。そのため、使い慣れたドライヤーやヘアアイロンを持っていくなら変圧器が必要になります。

しかし「現地ホテルにあるドライヤーで十分!」という方にとって変圧器はいりません。

というのもスマホやカメラ、ノートパソコンの充電器は「100V-240V」に対応しており、変圧器がなくても使えるんです。

チェキカメラの対応電圧は100-240V

筆者の持ってるチェキカメラの充電器。小さいですが「100-240V」と書いてあります。

一方で、ドライヤーなどの家電製品は100Vにしか対応していません。

日本製ヘアドライヤーの対応電圧は100Vのみ

筆者の持ってるヘアドライヤーです。「100V」としか書いていないですね。

そのため、使い慣れた家電(ドライヤーやヘアアイロンなど)を使うなら、変圧器が必要になるというわけです。

コンセントに繋ぐものは、あらかじめ対応電圧を見ておくようにしましょう。

変換プラグ:必要

イタリアのコンセントははCタイプのため変換プラグが必要

日本のコンセントの形は「Aタイプ」ですがイタリアは「Cタイプ」ですので、換プラグが必要。Cタイプはヨーロッパ全土で使われている形で「ユーロプラグ」とも呼ばれています。

【補足】一部では「Lタイプ」も

イタリアには一部で3つ穴の「Lタイプ」もあります。しかし、「Cタイプ」の変換プラグがあれば差し込めますので、あまり気にしなくて大丈夫です。

なお、変換プラグは空港や家電量販店、100均でも手に入れることができますよ。

※しかし、これから海外旅行に何回も行くのであれば「全世界対応プラグ」が1つあると重宝します。

ローマでの服装アドバイス【シーズン別】

ローマでの服装アドバイス【シーズン別】

ローマは地中海性気候で四季もあり日本とよく似ています。

気温は東京より若干高めですが、日本とは逆で雨量が多いのは秋~春にかけてになります。冬は最高気温が12~13℃なので暖かく感じますが、石畳が多いローマでは気温以上に足元から冷える傾向があります。

基本的には日本と同じ服装で大丈夫ですが、ローマ独特の地形もあるのでシーズン別に解説していきますね。

3月・4月・5月:昼夜の寒暖差が激しい時期

日差しがだんだん強くなり始める時期。気温の推移は最高16~24℃、最低6~13℃となっています。日中は暖かく半袖でも大丈夫な日も多くなりますが、夜はまだ冷え込みます。

厚手のジャケット、また女性の方は足元からの冷え込み対策をしておきましょう。

6月・7月・8月:日照時間が長く暑い時間が続く

ローマでも日本と同じ夏を迎えるこの時期は、とにかく日差しが強い!

気温の推移は最高28~32℃、最低17~19℃となっています。服装は日本と同じと思ってもらって大丈夫です。滅多に雨が降らない夏ですが、曇り空や雨が降った時は肌寒く感じることも。何か1枚かるく羽織れるものがあれば安心です。

9月・10月・11月:秋は春と同じ服装で大丈夫

9月・10月は日中はまだ暑く、ほとんどの人が半袖で過ごしているので半袖で大丈夫です。

気温の推移は最高27~17℃、最低16~8℃と夜の気温低下が始まり、また雨が降りやすくなるのもこの時期から。厚手のセーター、ジャケットを用意しておきましょう。

12月・1月・2月:本格的な冬になり足元から防寒を

12月中旬から一気に気温が下がってきます。気温の推移は最高13~14℃、最低4~3℃と真冬の時期。厚手のコートや手袋でしっかり防寒をしましょう。

また石畳が多いローマでは足元から冷えてきます。厚底の靴や足元用のカイロなどで寒さ対策が必須!晴れた日は日中は暖かく感じるので調節できる服装が望ましいです。