海外旅行に変圧器は必要ない!持ってくべきは変換プラグのみ【事実】

海外旅行に変圧器は必要ない!持ってくべきは変換プラグのみ【事実】 海外旅行の便利グッズ




海外旅行の準備をしていると、必ず直面するのが「変圧器・変換プラグはどうすればいい?」問題ですよね。

この問題とも、今日でサヨナラしましょう。結論としては、以下の通りです。

  • 変圧器:いらない
  • 変換プラグ:必要

この記事では「そもそも変圧器・変換プラグってなに?」そんな初歩的なところから書いています。

これを読めば、旅先で変圧器・変換プラグに悩まされることはなくなります。海外旅行に行く前にチェックしておきましょう。

そもそも、変圧器・変換プラグとは?

そもそも、変圧器・変換プラグとは?を考える像のイラスト

海外旅行でしか使うことがない「変圧器」と「変換プラグ」ですが、この2つの違いを知っていますか?

ざっくり説明すると、以下の通りです。

  • 変圧器=電圧を変える(下げる)もの
  • 変換プラグ=プラグの形を変えるもの

変圧器=電圧を変える(下げる)もの

変圧器は読んで字のごとく、電圧を変えるものです。

日本の電圧は100Vですが、なんと海外は110V240V。海を越えると、どこの国も日本より高い電圧なんです。そのため、日本製のドライヤーをそのまま使うと電流が流れすぎてしまい発火・故障してしまいます。

そこで変圧器を使って電圧を100Vに落としてあげることで、電化製品が使えるようになるってワケです。

ここまではなんとなく知ってたと思いますが、実は変圧器は海外旅行に必要ありません(くわしくは後述しています)。

変換プラグ=プラグの形を変えるもの

一方で海外旅行に必要となるのが、変換プラグです。

海外のコンセントの形は日本と異なるのが分かる写真

海外のプラグの形は上の画像のように、日本とは異なるケースがほとんど。パッと見ただけでも、そのままでは差し込めないのが分かっていただけるかなと思います。

nobo
日本は「Aタイプ」と呼ばれるプラグの形ですが、海外には「Cタイプ」「SEタイプ」「BFタイプ」など、さまざまなプラグの形があり、国によってバラバラです。

変圧器なしでもスマホ・カメラの充電ができる

変圧器なしでもスマホ・カメラの充電ができる

ここでいったん、「変圧器」に話を戻します。

先ほどにも言ったように、実は変圧器なしでもスマホやカメラ、電気シェーバーの充電ができます。

というのも、充電器の対応電圧は「100240V」になっているので、そのまま海外で使っても故障しないんです。

チェキカメラの対応電圧は100-240V

筆者の持ってるチェキカメラの充電器。小さいですが「100-240V」と書いてあります。

nobo
上記の写真のように、コンセントに繋ぐものには対応電圧が書いてありますので、持っていく電化製品はチェックしてみましょう。

変圧器なしだと使えないのは「家電」

一方で消費電力の高い「家電」は、変圧器なしでは使えません。※「家電」と表現していますが、ドライヤーやヘアアイロン、電気ケトルなんかがそうです。

これらの家電は対応電圧が「100V」としか書いていないので、変圧器なしでは使えません。

日本製ヘアドライヤーの対応電圧は100Vのみ

筆者の持ってるヘアドライヤーです。「100V」としか書いていないですね。

nobo
余談ですが、僕はカナダに短期留学していた経験があります。当時、日本製のドライヤーを変圧器ナシのままで使っていましたが、使っている間はほんのり焦げ臭かったです(カナダの電圧は110120V)。故障こそしなかったものの、おすすめしません。

「家電」は現地のものを!長期滞在なら海外電圧対応のものがおすすめ

「えっ、結局のところ変圧器いるんかい!」と思われるかもですが、よく考えてみると家電は現地ホテルで事足りますよね。電気ケトルをわざわざ海外旅行に持っていくことはないと思いますし、ドライヤーも現地ホテルに備え付けてあるものでOKなはずです。

しかし「絶対、いつも使っているドライヤーがいい。」「ヘアアイロンなしは萎えすぎるので無理です、、」こういった方は海外旅行対応の家電を持っていくのがおすすめです。

海外旅行に必要なのは変換プラグ!

海外旅行に必要なのは変換プラグ!

さて、続いては「変換プラグ」について。

先ほどもチラッとお話ししましたが、変換プラグがないと現地のコンセントに挿さりません。そのため、変換プラグは絶対に持っていきましょう。

なお変換プラグの入手方法は3つあるので、それぞれ紹介していきますね。

変換プラグの入手方法3つ

  1. 旅先のプラグの形を調べて、100均や家電量販店で買う
  2. 全世界対応プラグを買う
  3. 海外Wi-Fiを借りる【無料】

1. 旅先のプラグの形を調べて、100均や家電量販店で買う

この方法は、調べる手間がかかりますが、安上がりです。

旅先のプラグの形を調べて、対応した変換プラグを買います。

なお、国によってはプラグの形は1種類ではないので、宿泊先のプラグタイプを調べなければならないケースも。

調べる手間こそかかるものの、変換プラグは100均でも買えるので、安上がりですね。

2. 全世界対応プラグを買う

今回だけでなく、今後も海外に行く予定があれば、いっそのこと全世界対応プラグを買うのがおすすめです。

上記のように、海外旅行の度に調べては買いに行く手間が省けるので、1コあれば重宝しますよ。

値段も¥1,000〜¥2,000ほどなので、これから何回も使うと思えば高くないのでは、と思います。

3. 海外Wi-Fiを借りる【無料】

海外Wi-Fiを借りるのが、個人的には一番おすすめの方法です。例えばグローバルWiFiなら、無料で1つ全世界対応プラグがついてくるんです(もちろん、レンタルですが)。

海外Wi-Fiはマストアイテムなので借りておくべきですし、変換プラグも無料で付いてくるので、まさに一石二鳥です。

nobo
気になる料金ですが、これは旅先によって変わってきます。公式サイトの料金シュミレーターでチェックしてみましょう。

まとめ:変換プラグは必要だけど、変圧器はなくても大丈夫

まとめ:変換プラグは必要だけど、変圧器はなくても大丈夫

もし変換プラグを忘れてしまうと、現地で調達するのは難しいかもしれません。せっかくの貴重な時間が、変換プラグ探しになってしまってはもったいないですよね。

変圧器は必要ないので、変換プラグだけはしっかり準備していきましょう。

nobo
それでは、楽しい海外旅行を!