ハワイ旅行の持ち物チェックリスト【変圧器・シーズンごとの服装も】

ハワイ旅行の持ち物チェックリスト【変圧器・シーズンごとの服装も】 アメリカ旅行の持ち物




ハワイ旅行ならではの持ち物をまとめました!

ハワイ旅行の持ち物で悩んでいませんか?もし忘れ物をしてしまうと、現地での調達に時間がかかり、思わぬ出費にもなってしまいますよね。

そこで、この記事では「ハワイ旅行ならではの持ち物」「変圧器・変換プラグ」「シーズンごとの服装」をまとめました。より楽しく、快適な旅行にするために、ちょっとでも参考になれば幸いです。

ハワイ旅行ならではの持ち物

ハワイ旅行ならではの持ち物

日焼け止め

現地でも売られていますが、自分の肌に合うものを日本から持っていくのがおすすめ。高SPFかつ、ウォータープルーフのものを選びましょう。

化粧水

ハワイの紫外線は日本の3~5倍。日焼けした後は保湿ケアがマストです。ハワイをはじめ、海外では化粧水はメジャーではありません。日本から持参するのがベターですよ。

エコバック

ハワイのスーパーはお土産探しにも人気ですが、近年は袋の有料化が進んでいます。軽くてかさばらない、ナイロン製のエコバックがおすすめです。

ハワイ旅行で変圧器・変換プラグは必要?

旅先では変圧器のみ必要です

変圧器:家電(ドライヤーなど)を使うなら必要

ハワイの電圧は110〜120Vと日本の電圧(100V)によりも高いです。そのため、使い慣れたドライヤーやヘアアイロンを持っていくなら変圧器が必要になります。

しかし「現地ホテルにあるドライヤーで十分!」という方にとって変圧器はいりません。

というのもスマホやカメラ、ノートパソコンの充電器は「100V-240V」に対応しており、変圧器がなくても使えるんです。

チェキカメラの対応電圧は100-240V

筆者の持ってるチェキカメラの充電器。小さいですが「100-240V」と書いてあります。

一方で、ドライヤーなどの家電製品は100Vにしか対応していません。

日本製ヘアドライヤーの対応電圧は100Vのみ

筆者の持ってるヘアドライヤーです。「100V」としか書いていないですね。

そのため、使い慣れた家電(ドライヤーやヘアアイロンなど)を使うなら、変圧器が必要になるというわけです。

コンセントに繋ぐものは、あらかじめ対応電圧を見ておくようにしましょう。

変換プラグ:不要

ハワイのコンセントには日本の「Aタイプ」のプラグが差し込めますので、変換プラグは必要ありません。

ハワイでの服装アドバイス【シーズン別】

ハワイでの服装アドバイス【シーズン別】

ハワイは「常夏の国」というイメージがありますが、年間平均気温は約25度、最高平均気温も約32度とそこまで高くありません。

最低気温に関しても20度を下回ることはほぼなく、一年を通して気温の変化が少ないのが特徴です。ただしハワイでは雨季と乾季が存在します。

渡航の時期にあわせて、おすすめの服装をチェックしておきましょう。

5月・6月・7月・8月・9月・10月:強い日差しに備えてサングラスを

5月~10月はハワイの乾季にあたります。最高気温は30度を越えますが、湿度が低く風があるため爽やかな気候です。

ただし日差しは非常に強いので、日焼け止め対策が欠かせません。特にビーチ沿いではサングラスも必須です。

11月・12月・1月:雨季の始まり。軽い雨具を用意

11月~4月にかけてハワイは雨期です。

ハワイの雨は数十分ほどで止むので、現地の人は雨宿りで過ごすことが多く、あまり傘を販売していません。ツアーなど時間厳守の予定がある人は、折りたたみ傘やレインコートなどがあると安心です。

海外旅行に折り畳み傘は必要?持っていくなら100g以下の軽いものを【卵1個分の重さ】

海外旅行に折り畳み傘は必要?持っていくなら100g以下の軽いものを【卵1コ分の重さ】

2019年3月23日

2月・3月・4月:雨季は上着を1枚用意

雨季であっても最高気温は約26~27度ほどありますが、朝晩の冷え込みや、ビーチで遊んだあとは肌寒く感じることも。薄手の長袖シャツを1枚用意しておくようにしましょう。