チェンマイ旅行の持ち物チェックリスト【変圧器・シーズンごとの服装も】

チェンマイ旅行の持ち物チェックリスト【変圧器・シーズンごとの服装も】 タイ旅行の持ち物




チェンマイ旅行ならではの持ち物をまとめました!

チェンマイ旅行の持ち物で悩んでいませんか?もし忘れ物をしてしまうと、現地での調達に時間がかかり、思わぬ出費にもなってしまいますよね。

そこで、この記事では「チェンマイ旅行ならではの持ち物」「変圧器・変換プラグ」「シーズンごとの服装」をまとめました。より楽しく、快適な旅行にするために、ちょっとでも参考になれば幸いです。

チェンマイ旅行ならではの持ち物

チェンマイ旅行ならではの持ち物

虫除けスプレー

自然豊かなチェンマイでは、蚊がたくさんいるので蚊対策はマスト。虫除けスプレーは現地調達もできますが、日本のものを持っていくのが安心ですよ。

日焼け止め

日焼け対策グッズは持ちましたか?紫外線の強いチェンマイでは日焼け止め、サングラスはマストアイテムです。

折りたたみ傘

チェンマイでは510月は雨季なので、突然のスコールに備えて折りたたみ傘があると便利です。※ちなみに、雨季じゃない時期(11月~4月)は、ほとんど雨は降りません。

チェンマイ旅行で変圧器・変換プラグは必要?

旅先では変圧器のみ必要です

変圧器:家電(ドライヤーなど)を使うなら必要

タイ(チェンマイ)の電圧は220Vと日本の電圧(100V)に比べて高いです。そのため、使い慣れたドライヤーやヘアアイロンを持っていくなら変圧器が必要になります。

しかし「現地ホテルにあるドライヤーで十分!」という方にとって変圧器はいりません。

というのもスマホやカメラ、ノートパソコンの充電器は「100V-240V」に対応しており、変圧器がなくても使えるんです。

チェキカメラの対応電圧は100-240V

筆者の持ってるチェキカメラの充電器。小さいですが「100-240V」と書いてあります。

一方で、ドライヤーなどの家電製品は100Vにしか対応していません。

日本製ヘアドライヤーの対応電圧は100Vのみ

筆者の持ってるヘアドライヤーです。「100V」としか書いていないですね。

そのため、使い慣れた家電(ドライヤーやヘアアイロンなど)を使うなら、変圧器が必要になるというわけです。

コンセントに繋ぐものは、あらかじめ対応電圧を見ておくようにしましょう。

変換プラグ:不要

タイ(チェンマイ)のコンセントには日本の「Aタイプ」のプラグが差し込めますので、変換プラグは必要ありません。

チェンマイでの服装アドバイス【シーズン別】

チェンマイでの服装アドバイス【シーズン別】

盆地で熱帯モンスーンのチェンマイは暑さがこもりがち。さらにドイ・ステープという山が風を妨げているため余計に暑く感じます。

そのため年間を通して最高気温は30℃以上がほとんどで、さらに40℃近くまでなる月もあります。暑さ対策は必須ですね。

一方で、ベストシーズンと言われる乾季は朝晩ヒンヤリすることがあるため長袖も必要となります。また寺院に行く時は露出は禁止なので、タンクトップや短パンは避けるようにしてください。

それではシーズン別でチェンマイに最適な服装をみてみましょう。

3月・4月・5月:乾季で最も暑い時期は速乾性の高い服装がベスト

乾季終盤のこの時期は1年を通して最も暑い時期。

最高気温は35~40℃まで上がることもあるため、紫外線対策はしっかりしておきましょう。夏服で問題ありませんが、汗もかきやすいため速乾性の良いTシャツを用意しておくと快適に過ごせますよ。

6月・7月・8月・9月:長い雨季は急な雨対策で着替えがあると便利

最高気温は31~33℃と日本の夏のような気温ですが雨季のため湿気もかなり高いです。また雨も降りやすい時期でもあります。急な雨に備えて、着替えをリュックに忍ばせておくと準備バッチリですね。

服装は夏服で大丈夫です。最低気温も23℃前後と半袖でちょうどいい気候と言えます。

11月・12月・1月・2月:乾季に入るが寒暖差があるので長袖が必要

この時期はベストシーズン。雨もほとんど降らず気温も30℃前後と過ごしやすい時期です。

ただし朝晩は15℃前後と少しひんやりすることも。日中は半袖の夏服スタイルですが、朝晩は長袖シャツや羽織ものを用意しておいてください。日によっては日本の秋のように寒さを感じる事もあります。

12月・1月は重ね着できる長袖パーカーがあると便利です。