ベルギー旅行の持ち物チェックリスト【変圧器・シーズンごとの服装も】

ベルギー旅行の持ち物チェックリスト【変圧器・シーズンごとの服装も】 ベルギー旅行の持ち物




ベルギー旅行ならではの持ち物をまとめました!

ベルギー旅行の持ち物で悩んでいませんか?もし忘れ物をしてしまうと、現地での調達に時間がかかり、思わぬ出費にもなってしまいますよね。

そこで、この記事では「ベルギー旅行ならではの持ち物」「変圧器・変換プラグ」「シーズンごとの服装」をまとめました。より楽しく、快適な旅行にするために、ちょっとでも参考になれば幸いです。

ベルギー旅行ならではの持ち物

ベルギー旅行ならではの持ち物

美容オイル

ベルギーのお水は日本と違い硬水です。その影響で髪や肌が乾燥しやすく、全身に使える椿オイルやアルガンオイルなどの美容オイルがあると重宝します。

保存用タッパー

ベルギーのお土産と言えば可愛らしいチョコレートですが、お店の包装は簡易です。高価なチョコレートは保存用タッパーに入れての持ち帰りがおすすめですよ。

折りたたみ傘

降水量は東京より少ないのですが、にわか雨が多いです。折り畳み傘もしくは防水のジャケットがあるとどの季節も心強いですよ。

海外旅行に折り畳み傘は必要?持っていくなら100g以下の軽いものを【卵1個分の重さ】

海外旅行に折り畳み傘は必要?持っていくなら100g以下の軽いものを【卵1コ分の重さ】

2019年3月23日

ベルギー旅行で変圧器・変換プラグは必要?

旅先では変圧器・変換プラグどちらも必要です

変圧器:家電(ドライヤーなど)を使うなら必要

ベルギーの電圧は220Vなので日本の電圧(100V)に比べて高いです。そのため、使い慣れたドライヤーやヘアアイロンを持っていくなら変圧器が必要になります。

しかし「現地ホテルにあるドライヤーで十分!」という方にとって変圧器はいりません。

というのもスマホやカメラ、ノートパソコンの充電器は「100V-240V」に対応しており、変圧器がなくても使えるんです。

チェキカメラの対応電圧は100-240V

筆者の持ってるチェキカメラの充電器。小さいですが「100-240V」と書いてあります。

一方で、ドライヤーなどの家電製品は100Vにしか対応していません。

日本製ヘアドライヤーの対応電圧は100Vのみ

筆者の持ってるヘアドライヤーです。「100V」としか書いていないですね。

そのため、使い慣れた家電(ドライヤーやヘアアイロンなど)を使うなら、変圧器が必要になるというわけです。

コンセントに繋ぐものは、あらかじめ対応電圧を見ておくようにしましょう。

変換プラグ:必要

ベルギーのコンセントはCタイプのため、変換プラグが必要

日本のコンセントの形は「Aタイプ」ですがベルギーは一般的に「Cタイプ」ですので、変換プラグが必要です。

補足:「SEタイプ」もあるけど大丈夫

SEタイプのコンセント

ベルギーには一部で「SEタイプ」もありますが、Cタイプの変換プラグがあれば差し込めるのでご安心ください。必要なのはCタイプの変換プラグのみですね。

ちなみに、変換プラグは空港や100均でも手に入れることができますよ。

※しかし、これから海外旅行に何回も行くのであれば全世界対応プラグを買っておくのがおすすめです。

ベルギーでの服装アドバイス【シーズン別】

ベルギーでの服装アドバイス【シーズン別】

国を代表する花の祭典フラワーカーペットで知られるように、春先からの花が咲き誇る季節が人気のベルギー。真夏でも湿度が低く、冬は積雪量が少ないなど一年を通して過ごしやすい気候なので、どの季節に訪れても楽しめるのが特徴です。

しかし、北緯50度と北海道よりも北に位置しているので、どの季節も日本での服装に一枚プラスを意識しておくと安心です。

12月・1月・2月:しっかりとした寒さ対策が必要

クリスマスマーケットが楽しい12月からは冬本番。気温は東京より少し寒いくらいですが、意外と忘れやすいマフラーと手袋は予想以上に一役買ってくれます。

また、積雪時用にブーツなど滑りづらい靴もおすすめです。

3月・4月・5月:キーとなるのは「温度調節」

気候が変わりやすく準備が難しい季節です。夏のように温かい日もあれば、厚手のジャケットが必要な寒い日も。

薄手のシャツにカーディガン、その上に厚手のジャケットといった服装だと温度調節しやすいですね。

6月・7月・8月:夏の装いに上着を忘れずに

日照時間が長く、夕食時でもまだ明るく過ごしやすい日が多い季節です。しかし最低気温が15度前後になることもあるので、秋用の上着を一枚持っておくと便利です。

9月・10月・11月:セーターをプラスして暖をとる

夏の暑さが残る日もあります。しかし、急に気温が下がることも珍しくありません。重ねて着れる薄手のセーターを持っておくと、現地だけでなく、冷える飛行機の中でも役に立ちますよ。